uwamuki.com

カテゴリ:notebook( 56 )




「ごくつぶし」かく語りき

b0008900_9321924.jpg



土曜インタビュー 2004にっぽん

今日のインタビュアーは 

作家のモブ・ノリオさん

.................
33歳で無職、もちろん未婚。親戚中に「ごくつぶし」と指弾される金髪の「俺」は、
.................

というくだり。
とにかく見なきゃと思った。

10:05よりオンエア!
[PR]



by mihappy | 2004-10-23 09:38 | notebook

トーキョーデザイナーズウィーク

b0008900_2464851.gif


デザインビジネスの発展、デザイン文化の創造、
次代のデザイナーの育成を目的とした「デザインの運動体」
として進化しているデザインイベント。
新宿、お台場、赤坂の3箇所と、他都内のインテリア関連のショップ内で開催した。

今年でなんと19年目。デザインイベントとしては、歴史があるんじゃないかな。

このイベントに、CETで一緒にインターンをした友人等が
ストリートファニチャー展(学生展示)@新宿と
コンテナ展(コンテナを使った空間展示)@お台場とで
アーティスト参加していたので見に行く。

b0008900_2217392.jpg
b0008900_2217340.jpg

feat.AMY。(彼女もCETで出会った友達)

新宿は都庁南展望台で行われた椅子展。
大学のゼミ(なのかな?)単位で参加していたり、個人参加ありだったり。
アコーディオンのように、びよ〜っと横に引っぱると椅子だったり、
待ち合わせの状態で寄っかかること目的の椅子だったり。
実験的な椅子がたくさんあった。
上の写真の、銀色のやつも椅子なのだ。

それから、コンテナ展にゴー!
下の写真はコンテナ展の入り口部分。LEDによる光のおもてなしを受け、入場!
BGMはm-flow。
127団体が参加していて、グルーっと一周するだけでも小一時間かかる。

照明を使った展示が多く、夕暮れから見に行くのがベストかも。
インターンtaka君らの展示は、「色即是空」という透明感のある茶室、
もとい、瞑想空間を演出。

どんなのかと言うと、
靴を脱ぎ、土壁でできた引き戸を開け中に入る。
入り口をやや低めに作ってあるので、自然と茶室に入るときのように、
おじぎをして入ることになる。
おじさんも、おねーちゃんも、2メートル近い海外からお客さんも、みんなおじぎ。
おかしいことに、みんな中の空間に気を取られて、
自分がおじぎしてることに気が付いてないんだ。(笑)

で、中は丸石のじゃりとやわらかな白い光。
ふわーっと足下から放たれる白い光に目を奪われていると、ぱたっとドアが閉まるんだ。わ、真っ暗。
と一瞬心細いんだけど、ゆったりとしたリズムでまた白い光がふわーっと、今度は奥へと導いてくれる。
2×4メートルくらいのコンテナ空間なのに、不思議と心が落ち着く。
壁に張られた鏡(?)の影響で光の間は際限なく広がる。
白く光るアクリル版の上を、まるで庭園の飛び石を渡るようにして歩く。
変な感じ。
光が灯るとき浮かぶナニカは、消滅する時に一緒に消えてしまう。
あ。そうだ。深呼吸のリズムに似てるんだ。
吸って、はいて。吸って・・・。
光のリズムで心が落ち着き、その薄暗さで冷静になる。

なにか悟れそうっ!

結局、期待のみでふわふわした感覚を経て退出。
お香の香りが、余韻を残すんだけれども。

その後の、構造や仕組みの説明やらも丁寧でとてもよかった。








[PR]



by mihappy | 2004-10-11 22:17 | notebook

さきっちょ氏

b0008900_2373015.jpg


友人に勧められて読みはじめた「さきっちょの就職日記

卒業まであと半年。
無事卒業できたら東京で働きます。
社会人になる前に、猪突猛進でややりたいことをやり尽くす!!
必要なことを身につける!!


だ、そうで、そのフットワークの軽さには感服★

是非一度、すき屋でデートしたいです!!
[PR]



by mihappy | 2004-10-11 02:38 | notebook

i understanded!

トラックバックの意味がやっと分かった。

トラックバックというのは、自分のブログで紹介したことを
相手のブログで告白する機能なのね!

なるほどー。

って、昨日からネットしっぱなしだ!勉強せな!
[PR]



by mihappy | 2004-10-10 23:30 | notebook

OTブログ!

b0008900_313117.gif


マイペースの代名詞、奥田民生のブログ発見!

CET期間中、新曲「何と言う」で何度息抜きしたことか。
ワーカホリックなときにこそ、彼の曲が体に染みるー。
[PR]



by mihappy | 2004-10-10 03:06 | notebook

ライフログについて

ライフログを作ろうか否かとすごく悩んでいる。

固く考え過ぎかもしれないけど、
私は自分の情報開示に割と抵抗がある方だ。

特に、こういったネット関連はなおさら。

おそらく、ライフログは通常の自己紹介の
「私は○○○が好きで〜」
とか、
「○○○が好きな人、リンク張ってくれないかなー」
という、
コミュニケーションツールなのだろう。

しかし、これをビジネス的な観点から見ると
多様化した価値観を見て取れる調査対象とあるのではないだろうか。
で、多分だけど、
今後こういったデータマーケティングから

企業→消費者

企業→個人
といった
カスタマイズビジネスが盛んになるんじゃないだろうか。
なんて、ふと思った。

刺激されたのは、HOT WIRED JAPANのこの記事。
米国防総省の『ライフログ』プロジェクト、真の目的は人工知能構築

ま、一年前の記事だから、また何か変わってるとは思うけど。

ああっ、ライフログの意義が分からない。
[PR]



by mihappy | 2004-10-10 01:47 | notebook

毎日上向きにすごそう。
by mihappy
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

検索

最新のトラックバック

Blowjob.
from Blowjob.
Free animal ..
from Farm animal sex.
Amateur matu..
from Older mature s..
Big tits at ..
from Big tits movies.
Free handjob..
from Free xxx nina ..
Hetero handj..
from Hetero handjob.
Bobco hetero..
from The hetero han..
Handjob forum.
from Handjob.
Valtrex.
from Valtrex.
Viagra.
from Generic viagra.

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧